グリーンスムージーに使われるフルーツ:すいか

すいかのおもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

シトルリン/アントシアニン/リコピン/イノシトール

期待できる効果

利尿促進/むくみ防止

すいかの基本情報

すいかはウリ科スイカ属のつる性一年草で、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯が原産で、様々な品種がありますが、一般に果肉は赤く、甘くて多汁である。
日本では夏の代表的な果物として人気だが、1つの果実がかなり大きいため、1人暮らしや小規模な核家族では冷蔵庫等で保存しにくい、食べきれない、という問題があり、スーパー等では、1/2、1/4、1/6等に切断し、フィルム包装の上冷蔵したものが販売されている。

一般的には果実を薄切りにしたり、小片に切ったりし、好みによって食塩を少量振りかけて食べるのですが、皮を漬物にしたり、果実をジャムにしたりといった利用法もある。

果肉の90%以上が水分ではあるが、果肉に含まれているカリウムには疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるとされている。

また、すいかの特徴的な栄養成分としてはシトルリンが挙げられます。
シトルリンとはきゅうりやスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸の一種で、体内で一酸化炭素を作り出すため、血管が広がって血流が良くなり、冷え性改善のほか、デトックスやダイエット、むくみ解消といった効果が期待できます。

他にも、アントシアニンというポリフェノールも含有しており、目の衰えや病気などに効果を発揮することが知られていますが、それ以外にもメタボ予防や花粉症予防の効果もあると言われています。
また、強い抗酸化作用で動脈硬化やがんを予防するとされているリコピンや、神経の伝達や脳の活動を正常に保つイノシトールを含有していることも知られていますね。

ただ、すいかは種を取り除くのが面倒だということでグリーンスムージーに入れるのをためらう方もいますし、大きくて持ち運ぶのが大変だからわざわざすいかを買いに行くのが面倒だという方、出来れば手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、すいかと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ