グリーンスムージーに使われるフルーツ:すだち

すだちのおもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

リモネン/クエン酸

期待できる効果

疲労回復/食欲増進

すだちの基本情報

すだちはミカン科ミカン属の常緑低木ないし中高木で、徳島県が原産、カボスやユコウと同じ香酸柑橘類である。
旬は8月~10月で露地栽培の果実が出荷され、最も香りも味わいも高いものとなっておりますが、旬が終わった冬の11月~2月は露地栽培したものを冷蔵して販売し、3月~8月はハウス栽培品が販売されるため、年中入手することは可能である。
なお、冷蔵品は酸味が比較的穏やかになり、やわらかな味が楽しめる。

鍋料理の具やサンマなどの焼き魚、魚介類の刺身、あるいは焼き松茸などを食べる直前に、料理に果汁をかけるために添えられることが多いが、果汁は食用酢としても用いられ、通常の酢の代りに酢の物の材料としたりします。
外皮部分を薄く切ったり、薬味おろしでおろすなどして、薬味として利用されることも多いですね。

すだちの特徴的な栄養成分としてはリモネンが挙げられます。
リモネンはすだちのほか、レモンやオレンジなど、柑橘類の皮に豊富に含まれている精油成分で、その香りは甘酸っぱく爽やかで、リラックス効果があるとされております。

他にも、リモネンが免疫細胞の働きを整えて、免疫力を高めることが知られており、ガン細胞の遺伝子の働きを抑制したり、ガンの転移や再発の予防、ガン治療にも効果が期待されています。
交感神経を刺激して血行を促し、体内の代謝、消化活動を活発にするほか、抜け毛の原因となる悪玉酵素の働きを抑制するなどして、頭皮の育毛環境を整えたり、唾液の分泌を促進することで消化吸収を促進することで、食欲を高めたりすることが出来ます。

さらに、すだちにはクエン酸も含有しており、胃液の分泌・胃の活動が促進され食欲増進へと作用するほか、「クエン酸回路」という、体内に取り入れた栄養素からエネルギーを産生する過程で欠かせない成分でもあるので、クエン酸をしっかりと取り入れることで、体内でのエネルギー産生が活発になるために疲労の軽減や早期の疲労回復が望めます。
また、クエン酸には尿のpHを下げることでアルカリ化する働きがあるので、尿中に尿酸が多く溶けるようになり血中の尿酸値低下へとつながり痛風の予防になるほか、尿中のカルシウムと結合し、尿路結石の形成の予防に効果があるとされています。

ただ、すだちは酸っぱかったり、ちょっと苦かったりするのでグリーンスムージーに入れるのをためらう方もいますし、わざわざすだちを買いに行くのが面倒だという方、出来れば手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、すだちと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ