グリーンスムージーに使われるフルーツ:すもも

すもものおもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

フラボノイド

期待できる効果

がん抑制/疲労回復

すももの基本情報

すももはバラ科サクラ属の落葉小高木で、実は桃とは違う部類です。
旬は夏で、日本では山形が一番の生産地、大石早生という品種が最も生産されています。
日本で一般的にスモモとして扱われている物は中国が原産の丸い形の物ですが、主にヨーロッパやアメリカで古くから食べられてきた西洋スモモは楕円形で、いわゆる「プルーン」と言われるものですね。

品種改良により糖度が増し、生食で食べられるようになったが、桃と比べると酸味が強く、ジャムなどの加工用としても広く用いられていますね。
皮の部分が特に酸味が強いので、食べない方も多いかと思いますが、皮にはポリフェノールなどの栄養が豊富なので、ぜひ一緒に食べて頂きたいものです。

果肉の酸味はリンゴ酸が中心で疲労回復に効果があるほか、ペクチンなど食物繊維も沢山含まれていますので、便秘予防にも効果が期待できます。
また、すももの特徴的な栄養成分としてはフラボノイドが挙げられます。
フラボノイドとは、植物に含まれている色素や苦味、辛味成分であり、ポリフェノールの大分類のひとつです。
植物の葉、茎、幹などに含まれており、現在まで4000種類以上が発見されていますが、植物が紫外線や害虫などから身を守るために生成している物質であり、色素や苦味成分のもととなっています。

フラボノイドには抗菌性を示すものが多く、植物はこの成分によって病原性微生物などの侵入を阻害するものと推測されているほか、植物を紫外線から守る役割を果たしており、そのため、強い抗酸化作用をもっています。
したがって、フラボノイドを摂取した場合、抗菌作用や抗酸化作用が期待できるほか、抗炎症作用、発がん抑制効果、がん細胞の増殖抑制作用、血管新生阻害作用、抗変異原作用、がん予防作用、血行促進作用などの多彩な健康作用をもたらすことが推察されています。

ただ、すももは酸っぱかったり、ちょっと硬かったりするのでグリーンスムージーに入れるのをためらう方もいますし、わざわざすももを買いに行くのが面倒だという方、出来れば手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、すももと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ