グリーンスムージーに使われる野菜:クレソン

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

アリルイソチオシアネート/グルコシノレート

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/血栓防止

基本情報

クレソンはアブラナ科オレンジガラシ属の多年草で、ヨーロッパから中央アジアが原産。
半水生で水辺を好み、特に弱アルカリ性の水でよく生育します。
耐寒性が強く冷涼な気候を好む為、夏に水温が上がりすぎる地域では育ちにくいとされます。
日本では山梨、静岡、神奈川などで多く栽培されており、今では家庭でも手軽に食べられる野菜のひとつとなり、サラダや肉料理の付け合わせとして利用されています。

クレソンの特徴的な栄養成分としてはアリルイソチオシアネートが挙げられますが、アリルイソチオシアネートの適量の摂取は、抗癌作用、抗菌作用などの効果を示すというデータがあります。
また、グルコシノレートは体内で加水分解されることで、ベンジルイソチオシアネートが生成されますが、 ベンジルイソチオシアネートは抗がん剤として期待されている成分の一つです

クレソンは手に入りやすくとても使いやすい野菜であり、グリーンスムージーにも使いやすい野菜なので、ぜひ取り入れて頂きたい野菜の1つです。

ただ、辛味のある野菜のため苦手という方や、もっと手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、クレソンと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ