グリーンスムージーに使われる野菜:ケール

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

クロロフィル/アリルイソチオシアネート/グルコシノレート

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/糖尿病予防/胃潰瘍・十二指腸潰瘍改善/血栓防止

基本情報

ケールとは、地中海が原産とされるアブラナ科の野菜で、キャベツの変種です。
葉は非常に濃い緑色をしていて、面が縮れたものや滑らかなもの、葉形も 細長いものから広円形をしたものなど数多くの種類が存在しています。
ケールは食物繊維、ビタミン、ミネラルの含有量が緑黄色野菜の中でも多く、一年中栽培できること、収穫量が多いことから若葉が青汁の材料として利用されるほか、緑内障予防の効果が指摘されています。

ケールの特徴的な栄養成分としてはアリルイソチオシアネートが挙げられますが、アリルイソチオシアネートの適量の摂取は、抗癌作用、抗菌作用などの効果を示すというデータがあります。
また、グルコシノレートは体内で加水分解されることで、ベンジルイソチオシアネートが生成されますが、 ベンジルイソチオシアネートは抗がん剤として期待されている成分の一つです

ケールは最近は大きなスーパーなどでは手に入るようになりましたし、青汁の原料となるほど栄養も豊富で、グリーンスムージーにも使いやすい野菜なので、ぜひ取り入れて頂きたい野菜の1つです。

ただ、青汁がまずいという印象を与えてしまったほど味にクセのある野菜のため苦手という方や、もっと手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、ケールと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ