グリーンスムージーに使われる野菜:サニーレタス

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

ラクチュコピクリン/プロトカテキュ酸

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/鎮静作用/入眠作用

基本情報

サニーレタスが日本で栽培されるようになったのは、愛知県の農家が調理に手間のかからない葉レタスなら業務用として適しているではないかということからら「プライズヘッド」と呼ばれる葉レタスを導入し、名前を「サニーレタス」に変更したのがきっかけで、市場で一般に通用する名称として定着しています。

淡色野菜である通常のレタスとは異なり、サニーレタスは緑黄色野菜に分類され、葉の先が縮れるとともに赤紫色になります。
通常のレタスと比べてβ-カロチンの含有量が多く、他にもビタミンC・B・K、葉酸、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などが含まれています。

サニーレタスの特徴的な栄養成分としてはラクチュコピクリンが挙げられますが、ラクチュコピクリンは鎮静効果と鎮痛効果のある苦味物質で、鎮静剤や鎮痛剤の用途として伝統的に利用されている物質です。
また、プロトカテキュ酸は腫瘍の成長を減退もしくは増進させることが出来る物質であることがわかっており、抗ガン作用を期待されています。

サニーレタスは旬は冬ですが通年栽培されているので、簡単に手に入りますし、グリーンスムージーに手軽に使える緑黄色野菜としてぜひ取り入れて頂きたい野菜の1つです。

ただ、やや苦みが合って苦手という方もいるようですし、もっと手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、サニーレタスと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ