グリーンスムージーに使われる野菜:小松菜

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

クロロフィル/アリルイソチオシアネート/インドール/グルコシノレート

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/血栓防止/高血圧予防/糖尿病予防/便秘改善

基本情報

小松菜とは、江戸時代初期に東京都江戸川区小松川付近で、ククタチナを品種改良して栽培され始めたといわれるアブラナ科の野菜で、ツケナ類の一種です。
関東地方で古くから親しまれた野菜で、首都圏での生産多いが、現在では大阪府・兵庫県・愛知県・福岡県などの日本各地の大都市近郊でも盛んに生産されています。
耐寒性が強く、旬は冬で、冬に霜が降りたり、非常に強い冷え込みで葉が凍っても枯れることは少ない。
白菜とともに冬の野菜の代表格で、味噌汁、鍋料理によく入れられ、おひたし、炒め物等でも使用される。
味噌や醤油だけでなくバターやクリームとの相性もいいので、洋風の料理にもよく使用される。

小松菜はビタミンAが豊富で、鉄分などのミネラルも多く、野菜の中ではケールに次いでカルシウムの含有量が高いことでも知られています。

小松菜の特徴的な栄養成分としてはアリルイソチオシアネートが挙げられますが、アリルイソチオシアネートの適量の摂取は、抗癌作用、抗菌作用などの効果を示すというデータがあります。
また、グルコシノレートは体内で加水分解されることで、ベンジルイソチオシアネートが生成されますが、 ベンジルイソチオシアネートは抗がん剤として期待されている成分の一つです

小松菜は旬は冬ですが通年栽培されているので、簡単に手に入りますし、ミネラル分も豊富な野菜なので、グリーンスムージーにもぜひ取り入れて頂きたい野菜の1つです。

ただ、青臭さが苦手という方や香りが苦手という方もいるようですし、もっと手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、小松菜と同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ