グリーンスムージーに使われる野菜:明日葉

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

カルコン/クマリン/ニコチアナミン/アンゲリカ酸/イソクエルシトリン/クロロフィル

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/高血圧予防/便秘改善

基本情報

明日葉は日本が原産のセリ科の植物で、房総半島、三浦半島、八丈島や大島など伊豆諸島、そして紀伊半島など暖かい太平洋沿岸部に自生しています。
特に伊豆諸島では名産品として広く栽培されており、日本における生産量の第1位は東京である。

フィトケミカルとして含まれるカルコンやクマリンには抗菌作用があり、免疫力の向上が期待できるほか、ニコチアナミンには血圧を下げる効果があるとされています。

グリーンスムージーの材料として使用する場合は、葉と茎の部分を使いますが、茎は硬い場合、使わない方が無難です。
味にクセがあるので、通常の料理でも天ぷらやバター炒めのようにクセを無くす調理法がとられており、グリーンスムージーに使う場合も、一緒にフルーツを入れて味を消すようにしましょう。

もっと手軽に明日葉の栄養を摂りたいというかたには、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ