グリーンスムージーに使われる野菜:水菜

水菜のおもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

アリルイソチオシアネート/グルコシノレート

期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/糖尿病予防/血栓防止/便秘改善

基本情報

水菜は、アブラナ科アブラナ属の野菜で、京都が原産地とされていて、京菜と呼ばれることもあります。
流水(清流)を畦間に引き入れて栽培するため「水菜」という名称になったと言われていて、越冬して栽培する一年生植物であり、根はあまり肥大せず、細い根葉を多数生じます。
生食も可能ですが、はりはり鍋に不可欠な食材として、大阪などでは昔から親しまれてきたほか、水炊きなどの鍋物、煮物、漬物などにも使われていますし、最近は水菜を生野菜サラダとして生食する習慣が根付きつつありますね。

水菜にはビタミンCが多く含まれていますので、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるほか、カロチンも豊富なのでがんの抑制や免疫賦活作用、さらに体内でビタミンAに変換され、髪や視力の維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

さらに水菜の特徴的な栄養成分としてはアリルイソチオシアネートが挙げられます。
アリルイソチオシアネートは水菜の他、マスタードやワサビなどの辛味成分として知られ、アリルイソチオシアネートの適量の摂取は、抗がん作用、抗菌作用などの効果を示すというデータがあります。
また、グルコシノレートはアブラナ科やフウチョウソウ科の植物に存在する含硫化合物です。
グルコシノレートが体内で加水分解されることで、ベンジルイソチオシアネートが生成されますが、 ベンジルイソチオシアネートは抗がん剤として期待されている成分の一つです。
さらにグルコシノレートも体内で分解され、イソチオシアネートを作るため、抗ガン作用があるとされています。
なお、グルコシノレートは加熱処理した水菜よりも、生の水菜を摂取した方が、吸収が良いとされています。

ただ、水菜独特の香りが苦手と言う方、水菜をいちいち買ってくるのが面倒だという方、出来れば手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、水菜と同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ