グリーンスムージーに使われる野菜:空芯菜

おもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

おもなフィトケミカル

カロテノイド

期待できる効果

動脈硬化予防/便秘改善/がん抑制/骨を強化

基本情報

空芯菜はヒルガオ科サツマイモ属の多年草で、東南アジア原産で、茎に空洞があることから日本では「空芯菜」と呼ばれますが、正式名称は「ヨウサイ」。
日本では沖縄県経由で九州地方に伝わったため、これらの地域で栽培されるようになったが、中華料理で多く使用されるため、原産地の東南アジアだけでなく中国でも多く栽培されています。

主に茎や葉を炒め物やおひたしにして食べられることが多いが、エスニック料理などでも良く見かけるようになりました。

空芯菜の特徴的な栄養成分としてはβ-カロテンが挙げられますが、β-カロテンはがんの抑制作用があると期待されており、また体内で必要に応じてビタミンAになるため、皮膚や粘膜の健康を維持するのに役だちます。

空芯菜は癖が強い野菜のため、調理する際もニンニクや唐辛子と一緒に炒めたりしますので、グリーンスムージーに使う場合にも、味の調整にひと工夫をする必要があるかもしれません。

ただ、それが面倒だという方には、もっと手軽に空芯菜に含まれるのと同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ