グリーンスムージーに使われる野菜:菜の花

菜の花のおもな栄養素

100gで1日の必要摂取量の10%以上を摂取できるものに●を付けています。

カリウム カルシウム マグネシウム
ビタミンA ビタミンE ビタミンK ビタミンB1
ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸
パントテン酸 ビオチン ビタミンC 食物繊維

菜の花のおもなフィトケミカル

アリルイソチオシアネート/グルコシノレート

菜の花に期待できる効果

動脈硬化予防/がん抑制/血栓防止/便秘改善

菜の花の基本情報

菜の花はアブラナ科アブラナ属の植物で、食用と観賞用に利用されています。
菜とは食用の意味であり、菜の花とは食用の花の意味であることから、古くから食品として利用されていますが、日本では香川県、高知県、千葉県、三重県などで食用の菜の花が栽培されています。
市場に流通しているものとしては、蕾の目立つ頭頂部をまとめたタイプと、掻き取った脇芽を袋詰めにしたタイプがあり、前者は在来種アブラナ系、後者がセイヨウアブラナ系とされています。

セイヨウアブラナは固く筋っぽくなりやすい反面、在来種より苦みが少なく甘みが強い特徴があります。
ビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜であり、アクはホウレンソウの20分の1以下なので、調理にあたっては茹ですぎないことがポイントとなります。

菜の花にはβ-カロテンが豊富に含まれていますが、β-カロテンは抗ガン作用や免疫賦活作用で知られていいるほか、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるとされています。

菜の花の特徴的な栄養成分であるアリルイソチオシアネートが挙げられますが、アリルイソチオシアネートの適量の摂取は、抗癌作用、抗菌作用などの効果を示すというデータがあります。
また、グルコシノレートは体内で加水分解されることで、ベンジルイソチオシアネートが生成されますが、 ベンジルイソチオシアネートは抗がん剤として期待されている成分の一つです。
さらにグルコシノレートも体内で分解され、イソチオシアネートを作るため、抗ガン作用があるとされています。

ただ、食用としてはややなじみが薄く、入手が困難な場合があり、クセのある苦みが苦手と言う方もいらっしゃると思います。
もっと手軽にグリーンスムージーを飲みたいという方には、菜の花と同じような栄養を摂ることが出来て、水に溶かすだけで作れるパウダータイプのグリーンスムージーがお勧めです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ