カルシウムを多く含む野菜とフルーツ

カルシウムを多く含む野菜ランキング ベスト5

rank1

パセリ

パセリ:290mg/100g

rank2

モロヘイヤ

モロヘイヤ:260mg/100g

rank3

かぶ

かぶ:250mg/100g

rank4

バジル

バジル:240mg/100g

rank5

大葉

大葉:230mg/100g

カルシウムを多く含むフルーツランキング ベスト5

rank1

kinkan

きんかん:80mg/100g

rank2

デーツ

デーツ:71mg/100g

rank3

干しぶどう

干しぶどう:65mg/100g

rank4

ゆず

ゆず:41mg/100g

rank5

キウイ

キウイ:33mg/100g

カルシウムについて

カルシウムは人の体内に最も多く含まれているミネラルで、約1kgほど体内に存在します。
そのうち99%は歯と骨に存在し、残りの1%は血液や細胞外液などで血液凝固や心機能、筋収縮などに関与する重要な役割を担っています。

しかし一方で、日本人のカルシウム不足が以前より指摘されており、50代以上におけるカルシウム摂取量は改善の兆しがみられるものの、20代前後の若年層では逆にカルシウム不足が進行しています。
カルシウムが不足してしまう要因として、カルシウムを多く含む食品を食べなくなったという理由のほか、カルシウムがもともと吸収率が悪い事、尿として排泄されてしまうことなどがあります。

また、ほうれん草などに含まれるシュウ酸にはカルシウムの吸収を阻害する働きがある事が知られていますので、カルシウム不足を気にされている方は、グリーンスムージーにほうれん草を使うのは避けた方が無難です。

ただ、カルシウムを多く含む野菜の中にはパセリのようにクセのある味の野菜があったり、手に入れにくい野菜・フルーツもありますので、作るのが面倒だという方には、水に溶かすだけで作ることが出来るパウダータイプのグリーンスムージーがおススメです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ