マグネシウムを多く含む野菜とフルーツ

マグネシウムを多く含む野菜ランキング ベスト5

rank1

大葉

大葉:70mg/100g

rank2

バジル

バジル:69mg/100g

rank3

ほうれん草

ほうれん草:69mg/100g

rank4

つるむらさき

つるむらさき:67mg/100g

rank5

おかひじき

おかひじき:51mg/100g

マグネシウムを多く含むフルーツランキング ベスト5

rank1

ドライココナッツ

ドライココナッツ:110mg/100g

rank2

デーツ

デーツ:60mg/100g

rank3

アボカド

アボカド:33mg/100g

rank4

バナナ

バナナ:32mg/100g

rank5

干しぶどう

干しぶどう:31mg/100g

マグネシウムについて

マグネシウムは人の体内に体重の0.05%ほど存在し、その60%~70%は骨の中に、残りの30%~40%は血液や筋肉の各組織に存在しています。
血清中のマグネシウム濃度は1.8~2.4 mg/dL程度に保つように体内で調整されるため、血清中のマグネシウム量が減少すると、骨に貯蔵されたマグネシウムが遊離し、血液中に移動して濃度を保つように働きます。

マグネシウムは300種類以上の酵素反応に、補酵素(酵素の働きをサポートする)として働いています。
したがって、人のほとんどの代謝反応に必要となります。
また、骨の弾性維持、神経伝達、筋収縮など、多くの生命活動に必要なため、マグネシウムが欠乏すると、疲労感やむくみ、酷い場合は心筋梗塞や脳梗塞といった重症を引き起こす可能性があります。

マグネシウムは食品から摂取する場合、特に上限摂取量が定められておらず、摂りすぎによる害がないものとされているため、グリーンスムージーで摂取する場合、積極的に上記の野菜やフルーツを使っても問題ありません。。

ただ、カルシウムを多く含む野菜の中には大葉やバジルといったあまり多く使えない香味野菜や、手に入れにくい野菜・フルーツもありますので、作るのが面倒だという方には、水に溶かすだけで作ることが出来るパウダータイプのグリーンスムージーがおススメです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ