使いたくない葉野菜

グリーンスムージーにはほとんどの葉野菜が使えますが、実はグリーンスムージーには向いていない野菜というものがあります。
味や栄養面といった理由によって避けたい野菜というものがありますので、ここでそれらの野菜を紹介します。
グリーンスムージーを作るときの参考にしてください。

グリーンスムージーでは使うのを避けたい野菜

スプラウト類

貝割れ

貝割れ

マスタード

マスタード

アルファルファ

アルファルファ

避けたい理由

スプラウト類には毒素となるアルカロイドが多く蓄えられています。
十分に育つまで動物から身を守るための植物の知恵なんでしょう。
ですから、グリーンスムージーではスプラウト類は使わないようにしましょう。

色の薄い葉野菜

白菜

白菜

キャベツ

キャベツ

避けたい理由

緑色をしていても葉野菜とは呼べないものを使うと美味しく仕上がりませんし、クロロフィルの量も少ないので、グリーンスムージーには適していません。
白菜やキャベツは葉野菜の代表のようにも見えますが、使わないようにしましょう。

でんぷん質の野菜

ブロッコリー

ブロッコリー

豆類

豆類

根菜類

根菜類

避けたい理由

一見濃い緑色でグリーンスムージーに向いてそうなブロッコリー、ポリフェノールが取れそうな豆類、食物繊維が多そうな根菜類も、実はグリーンスムージーには不向きです。
なぜならこれらの野菜はでんぷん質が多いため、フルーツとの食べ合わせが悪くて腸内でガスが多く発生してしまうためです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ