葉野菜やフルーツの保存方法

葉野菜は、まとめ買いしないで新鮮なものを使いたいところですが、上手に保存すれば数日間は鮮度を保てますので、その方法をご紹介します。
フルーツは良く熟したものを使うのが鉄則です。
フルーツごとに保存のコツがありますので、ご紹介sます。

そして、使うときは水でよく洗うこと。
皮ごと使うものは、スポンジなどでこすり洗いをし、ボウルに水を張ってつけ置きをしておくとよいでしょう。

葉野菜の保存方法

買ってきたらすぐに、このような下処理をしておくと、鮮度を長く保てます。

  1. 袋から取り出し、水でよく洗う。
    元気が無い場合は、桶やボウルに水を張り、10分ほど浸水し、しゃっきりさせる。
  2. 水気を切って、ペーパータオルやふきんで全体をくるみ、ビニール袋に入れる。
    こうすることによって、適度な湿気が保たれ長持ちする。
  3. 冷蔵庫の野菜室に入れて保存する。
    可能であれば、立てて保存する。

フルーツの保存方法

買ったときが食べごろなのは、いちごやベリー類。
そのほかは、追熟させるか、冷蔵庫で保管して使います。
熟しているのに使い切れないフルーツはミキサーが回転しやすい大きさにカットして、密封容器やビニール袋に入れて冷凍保存も可です。

りんご
りんご、梨
水分が蒸発してしわしわになるのを防ぐためには、ビニール袋に入れるかラップで包む。
桃
桃、洋梨、柿、マンゴー、パイナップルなど
そっと触れてみて硬いものは、風通しの良い暖かい場所で追熟させる。
みかん
柑橘類
傷みやすいので、なるべく冷蔵庫で保管する。
バナナ
バナナ
フック、バナナスタンドなどに吊るしておくと上手く追熟できる。
いちご
いちご、ベリー類
大変傷みやすいので、冷蔵庫で保管してなるべく早く使い切る。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ