がん予防を意識したグリーンスムージーのレシピ

オリゴ糖

がんの予防には、免疫力を高める努力が欠かせませんが、それには免疫細胞の半分以上が存在する腸内を健やかに保つことが大切だと言われています。
腸の健康と言えば、お掃除係の食物繊維や善玉菌を育てるオリゴ糖に期待しましょう。

グリーンスムージーを医学的に見る」でご紹介したがん予防のためのデザイナーフーズ・ピラミッドで上のレベルにある葉野菜と柑橘類を選ぶこともポイントです。


腸内から免疫力を上げるグリーンスムージー

レシピ

明日葉

明日葉:1/2パック

りんご

りんご:1個

オレンジ

オレンジ:2個

バナナ

バナナ:1本

cup

水:2カップ程度

がん予防のサポート

  • 明日葉に含まれる食物繊維の量は、葉野菜の中でトップクラス。
  • バナナには腸内で善玉菌を育てて免疫力をアップさせるオリゴ糖が豊富に含まれます。

食物繊維フルチャージグリーンスムージー

レシピ

セロリ

セロリ:1本

いちじく

いちじく:2個

グレープフルーツ

グレープフルーツ:1個

バナナ

バナナ:1本

cup

水:1カップ程度

がん予防のサポート

  • いちじくには腸内環境を整える食物繊維として機能する「ペクチン」という成分が豊富に含まれています。
  • グレープフルーツには、果皮を食べない柑橘類の中ではトップクラスの量の食物繊維が含まれています。

がん予防を意識したグリーンスムージーを作るには、上記のようにちょっと入手しづらい野菜を使ったり、バナナが必須なので甘くなりがちで、甘いものが苦手な方にはちょっと飲みにくいかもしれませんね。
そういう方には、水に溶かすだけで出来るパウダータイプのグリーンスムージーを使うと手軽に飲むことが出来て、オリゴ糖や食物繊維もしっかり摂ることが出来るのでおススメです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ