抗糖化を意識したグリーンスムージーのレシピ

koutouka

余分な糖分がたんぱく質と結びついてできる物質によって老化が促進される糖化。
これを防ぐには、特定の栄養素に期待するというより、葉野菜をたくさん摂ることがもっとも確実な方法です。

抗糖化のためには食物繊維のはたらきが欠かせないのですが、イモ類、豆類、根菜類など、他の野菜は食物繊維が多くても糖分も多いのです。
そこで、葉野菜をたくさん使うグリーンスムージーの登場なのです。

ここでは、標準的なレシピよりもさらに葉野菜が集中的に摂れる、スーパーグリーンスムージーのレシピをご紹介します。
フルーツのおいしさで、きっと無理なく、美味しく、豊富な葉野菜を摂れるでしょう。

水菜が2パックも入ったスーパーグリーンスムージー

レシピ

水菜

水菜:2パック

グレープフルーツ

グレープフルーツ:2個

キウイ

キウイ:1個

アボカド

アボカド:1/4個

cup

水:1カップ程度

抗糖化サポート

  • 水菜を2パック使うと、1日の必要量の2/3の食物繊維を摂ることが出来ます。
  • グレープフルーツに含まれるカリウムが、AGE(糖化最終生成物)の形成を抑えます。

たっぷり葉野菜で糖化を予防するグリーンスムージー

レシピ

小松菜

小松菜:1/2パック

三つ葉

三つ葉:1パック

りんご

りんご:1個

アボカド

アボカド:1/4個

ゆず

ゆず:1/6個

cup

水:2カップ程度

抗糖化サポート

  • 2種類の葉野菜を使うことで、1日の必要量の1/3の食物繊維を摂ることが出来ます。
  • りんごに含まれるカリウムが、AGE(糖化最終生成物)の形成を抑え、糖尿病を予防します。

抗糖化を意識したグリーンスムージーを習慣化していくためには、味をみながら葉野菜の割合を増やし、フルーツの割合を減らしていくと効果が高くなります。
しかし、作る手間をかけたくないという方は、水に溶かすだけで出来るパウダータイプのグリーンスムージーを使うと手軽に飲んで抗糖化出来るのでおススメです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ