抗酸化を意識したグリーンスムージーのレシピ

抗酸化

体を酸化させていく活性酸素の害から逃れるには、抗酸化物質を摂ることです。
いくつもの抗酸化物質がありますが、代表的なのはA、C、Eのビタミンと、ポリフェノールや、赤い色素、カロテンの仲間のリコピンがあげられます。

これらは、チームを作って活性酸素と戦いますから、揃って摂るようにしたいもの。
それは、グリーンスムージーがもっとも得意とするところです。


トマトといちごのレッドの力で抗酸化するグリーンスムージー

レシピ

にんじん葉

にんじん葉:2株分

いちご

いちご:10粒

トマト

トマト:1個

赤パプリカ

赤パプリカ:1/2個

abokado

アボカド:1/6個

cup

水:1カップ程度

抗酸化サポート

  • ニンジン葉に含まれるカロテンは体内でビタミンAになり、活性酸素を取り除きます。
  • 赤パプリカに含まれるビタミンCはたった1個で1日に必要な量の1.7倍もあります。

最強ブレンドで抗酸化するグリーンスムージー

レシピ

モロヘイヤ

モロヘイヤ:1/2パック

すいか

すいか:1/6個

プルーン

プルーン:2個

レモン

レモン:1/4個

cup

水:1/2カップ程度

抗酸化サポート

  • 抗酸化物質のリコピンと言えばトマトが有名ですが、すいかにも豊富に含まれています。
  • プルーンにはポリフェノールが豊富に含まれており、米国農務省の研究では、フルーツの中で抗酸化力がトップです。

抗酸化を意識したグリーンスムージーを習慣化していくためには、上記のレシピのようにいくつもの野菜やフルーツをカットしてミキサーにかける必要があります。
作る手間をかけたくないという方は、水に溶かすだけで出来るパウダータイプのグリーンスムージーを使うと手軽に飲むことが出来るのでおススメです。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ