美肌になるために飲みたいグリーンスムージーのレシピ

美肌

美肌と言えばビタミンCと言われます
もちろん、それも大切ですが、肌の新陳代謝をサポートするビタミンB群も欠かせません。

また、肌色を明るくして肌荒れを防ぐには、血行をよくするミネラルも、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を妨げるには抗酸化物質も大切。
多くの”効く”成分を同時に摂れるグリーンスムージーに任せてください。


赤のビューティー成分たっぷりグリーンスムージー

レシピ

パセリ

パセリ:1パック

すいか

すいか:1/6個

トマト

トマト:1個

レモン

レモン:1/4個

美肌つくりのサポート

  • レモンに含まれるビタミンCは、美白効果やコラーゲンの生成など、美肌の基本です。
  • パセリに含まれる鉄分は、肌に酵素を行きわたらせて肌色を美しくします。

天然の美容液のようなグリーンスムージー

レシピ

菜の花

菜の花:1/2パック

ピンクグレープフルーツ

ピンクグレープフルーツ:2個

いちご

イチゴ:10粒

アボカド

アボカド:1/6個

cup

水:1カップ程度

美肌つくりのサポート

  • イチゴに含まれるビタミンCは、くすみの原因になる活性酸素を無くす働きもあります。
  • 菜の花に含まれるビタミンB群(特にビタミンB2)は、肌の新陳代謝を良くしてくれます。

美肌になりたいと思ったら、ビタミンC,B群、鉄分、リコピンを含む葉野菜やフルーツを摂取するのがおススメですが、肌がくすんできてしまうくらい忙しく働いている方などは、グリーンスムージーを作る元気もないくらい、疲れている場合もあるのではないでしょうか。
そういう時には、水に溶かすだけで出来るパウダータイプのグリーンスムージーを使うと手軽に飲むことが出来て、美肌もサポート出来るのでおススメです。

btn01

美肌にいい食べ物、悪い食べ物

「肌は内臓の鏡」とも言われるように、間違った食生活で内臓が弱くなると、すぐに肌に現れます。
美肌のためには、バランスの良い食生活が大切ですから、まずは毎日の食事を見直して、美肌のための体内環境づくりを心がけましょう。

たとえば、ビタミンB2、B6はニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑える働きがありますので、ビタミンB2を多く含むアーモンド、卵類、牛乳、ビタミンB6を多く含む卵類、緑黄色野菜、魚類などを食べるとニキビ肌が改善されます
逆にスナック菓子やファストフードなどといった糖分や脂肪分の多い食べ物は、皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化さてしまうので、控えるようにしてください
コーヒーなどに多く含まれるカフェインも、ビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあるため、皮脂の分泌を増やしてニキビ肌になりやすいので気をつけましょう。

抗酸化作用をもつビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせるカフェイン、肌を酸化・老化させ、コラーゲンの生成を妨げる脂分、内臓を冷やして全身の血行を悪くし、老廃物を排出しにくくさせてしまう冷たいものを出来る限り控えることが、美肌のための食生活の第一歩と言えるでしょう。

btn01

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ